1. Home
  2. 会社案内
  3. 環境への取り組み

会社案内

環境への取り組み

エコマークについて

株式会社重松製作所
埼玉事業所 (船引事業所を含む) 環境方針
Saitama Plant (including,Funehiki Plant) Environmental Policy

理念

人と自然環境の快適な共存を考えつつ、次世代への「安全」と「幸福」を守ることを重視した企業活動により、すべての人々が安心できる社会の実現に貢献する。

方針

  1. 当事業所は、重松製作所の防じんマスク、防毒マスク等の労働安全衛生保護具・機器の主力製造工場として、活動、製品及びサービスの重大な環境影響を的確に捉え、技術的・経済的に可能な範囲で環境目的・環境目標を定め、ISO14001規格に準拠した環境管理システムを構築し、PDCAサイクルを確実に回すことにより、継続的な改善及び汚染の予防に努める。
  2. 当事業所は、環境側面に関連した法規制を遵守すると共に、利害関係者との協定、及び自主基準を遵守する。
  3. 地球環境の保全活動を推進するために、環境管理委員会をはじめ、全ての組織及び従業員が活動できる環境管理組織を整備すると共に、原材料、エネルギーなどの供給関係者への協力・協同を図る。
  4. 当事業所は、地球環境保全のために、次のことを優先的に推進する。

    1. 環境に配慮した製品開発を推進する。
    2. 作業効率を向上させ、エネルギー(電気、重油等)使用量を削減する。
    3. 廃棄物の削減、リサイクル、再利用を進め、廃棄物の発生量を減らす。
  5. 内部環境監査を定期的に実施し、環境管理システムの運用状況を把握し、継続的に改善していく。
  6. 地域社会の環境保全活動に誠意を持って、積極的に参画すると共に、地域社会の一員として貢献する。
  7. 設定した環境方針・目的を全従業員に周知徹底する。
  8. 当事業所の環境方針は、社外に公開する。

公開方法

環境方針は、当社インターネットのホームページで公開するとともに、要求により文書を提供する。

改定:2011年5月25日
制定:1997年9月29日
取締役社長
重松 宣雄

ISO 14001登録活動範囲:埼玉事業所(船引事業所を含む)における、防じんマスク、防毒マスク、電動ファン付き呼吸用保護具及び送気マスクの設計・開発及び製造

当社の埼玉事業所は、呼吸用保護具業界で初めて、環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001」の認証を、1998年に取得しました。
また1999年には、埼玉事業所の環境マネジメントシステムに船引事業所を含める、システム変更(サイト拡大)審査を受け認められました。

登録証番号 JQA-EM6510
登録日 1998年4月20日
登録事業者 株式会社重松製作所 埼玉事業所
適用規格 ISO 14001:2004 / JIS Q 14001:2004
関連事業所 船引事業所
登録活動範囲 防じんマスク、防毒マスク、電動ファン付き呼吸用保護具及び送気マスクの設計・開発及び製造
審査登録機関 一般財団法人 日本品質保証機構(略称 JQA)