検定区分による捕集効率の比較

捕集効率95%以上を保証している検定区分DS2のエレクトレットフィルタは、ナノ粒子の粒毛径範囲(25mm~100mm)で95%を下回り、RL1(L)の捕集効率は約90%と100mm付近で最も低く、RL2は約97%と約100mm付近で最も低かったが、それぞれの検定区分の保証値、80%以上及び95%以上を満たしていました。

検定区分による捕集効率の比較