1. Home
  2. シゲマツ情報局
  3. インジウム化合物対策

シゲマツ情報局

インジウム化合物対策

インジウム化合物の健康障害防止対策を強化すること等を目的として、「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令」(平成24年9月20 日 平成24年政令第241号)及び「労働安全衛生規則等の一部を改正する省令」(平成24年10月1日 平成24年厚生労働省令第143号)が公布されました。(平成25年1月1日から施行)

インジウム化合物を製造・取り扱う屋内作業場では、作業環境測定結果に応じて、厚生労働大臣の定める規格を満たす呼吸用保護具の使用が必要となります。(平成26年1月1日から義務化)

下表は、「特定化学物質障害予防規則等の改正(インジウム化合物、コバルト及びその無機化合物、エチルベンゼン、くん蒸作業対象物質の追加)に係るパンフレット」(厚生労働省発行)によります。

作業環境
測定結果※1
選定すべき呼吸用保護具
(以下のものまたはこれらと同等以上の性能を有するもの※2)
該当製品の例
300µg/m³以上
  • 全面形プレッシャデマンド形空気呼吸器(1)
  • 全面形圧縮酸素形陽圧形酸素呼吸器(2)
30µg/m³以上
  • 全面形電動ファン付き呼吸用保護具
    (粒子捕集効率:99.97%以上)(3)
    (JIS規格による漏れ率がS級であって、労働者ごとの防護係数が1,000以上であることが確認されているもの)
  • 全面形プレッシャデマンド形
    エアラインマスク(4)
  • AP-S185PV3(3)
    AP-S185PV3(3)
  • Z-AL(CS)(4)
    Z-AL(CS)(4)
15µg/m³以上
  • 全面形電動ファン付き呼吸用保護具
    (粒子捕集効率:99.97%以上)(3)
  • 半面形電動ファン付き呼吸用保護具
    (粒子捕集効率:99.97%以上)(5)
    (JIS規格による漏れ率がA級以上であって、労働者ごとの防護係数が100以上であることが確認されているもの)
  • 全面形の一定流量形エアラインマスク(6)
7.5µg/m³以上
  • 半面形電動ファン付き呼吸用保護具
    (粒子捕集効率:99.97%以上)(5)
  • 全面形取替え式防じんマスク(7)
    (粒子捕集効率99.9%以上)
3µg/m³以上
  • フード形(8)
    またはフェイスシールド形(9)の電動ファン付き呼吸用保護具
    (粒子捕集効率99.97%以上)
0.3µg/m³以上
  • 半面形取替え式防じんマスク(10)
    (粒子捕集効率99.9%以上)
※1
作業環境測定結果は作業環境評価基準に準じ算出した第1評価値またはB測定の最大値のいずれか高い方を指す
※2
基本的にJIS規格の指定防護係数が同等以上のもの(使い捨て式のものを除く)

装着例

装着例 1 装着例 2
装着例 1 装着例 2
<作業環境測定>
15µg/m3以上
300µg/m3未満
<作業環境測定>
7.5µg/m3以上
30µg/m3未満

電動ファン付き呼吸用保護具(以下、PAPR)の使用について

PAPRを使用する際は、労働者ごとに防護係数を測定し、それぞれ100以上及び1,000以上であることの確認が要求されています。そして,この測定は、その労働者に初めて使用させるとき、及びその後6カ月以内ごとに1回、定期的に行なわなければならないこと、この防護係数の測定記録等を30年間保存しなければならないことが規定されています。
また、上記以外の呼吸用保護具であっても、インジウム化合物等の濃度に応じて、規定している防護係数が確保されていることを確認するように努めるべきであることが規定されています。

防護係数の確認について

上記の防護係数の確認は、労研式マスクフィングテスター(MT-03)やマスク内圧・フィッティングテスター(MNFT)等のポータブルタイプの測定器を利用すれば、お客様の事業所内で容易に行えます。