1. Home
  2. 新着情報
  3. 2017年
  4. 山岳トンネル工事の切羽における肌落ち災害防止対策に係るガイドラインの策定について

新着情報

山岳トンネル工事の切羽における肌落ち災害防止対策に係るガイドラインの策定について

厚生労働省通達「山岳トンネル工事の切羽における肌落ち災害防止対策に係るガイドラインの策定について」(平成28年12月26日 基発1226第1号)が出されました。
このガイドラインでは、切羽において作業を行うときは、事業者は、作業に従事する労働者に保護帽、保護具(バックプロテクター等)、安全靴(長靴)、必要に応じて電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)等を着用させることとしています。