1. Home
  2. 新着情報
  3. 2017年
  4. 特化則のリフラクトリーセラミックファイバーに対する有効な呼吸用保護具の防護係数の確認に関する補足について

新着情報

特化則のリフラクトリーセラミックファイバーに対する有効な呼吸用保護具の防護係数の確認に関する補足について

厚生労働省通達「特定化学物質障害予防規則第38条の20第3項第2号に定める有効な呼吸用保護具の防護係数の確認に関する補足について」(平成28年12月27日 基安化発1227第1号)が出されました。
厚生労働省通達「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令及び特定化学物質障害予防規則及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令の施行について」(平成28年11月30日 基発1130第4号)のリフラクトリーセラミックファイバー(RCF)に対する有効な呼吸用保護具について、下記のとおり補足されました。

1 防護係数の確認の対象範囲について(抜粋)

特化則第38条の20第3項第2号に定める有効な呼吸用保護具については、通達第2の2(2)のキの(ク)でその具体的な内容を示しているところであるが、「100以上の防護係数が確保できるものであり、(ケ)の方法により、労働者ごとに防護係数が100以上であることが確認されたものが含まれること。」とは、平成27年度及び平成28年度の化学物質による労働者の健康障害防止措置に係る検討会での専門家による検討結果を踏まえ、防護係数を測定することにより、当該防護係数が100以上であることが確認されれば、いかなるものであってもよいという趣旨ではなく、防護係数が100 以上であることが確認できる電動ファン付き呼吸用保護具と同等以上の性能を最低限必要としているものである。

Webカタログ

シゲマツオンラインショップ

当ウェブサイトでは、お客様の情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用しています。安心してご利用ください。