1. Home
  2. 新着情報
  3. 2018年
  4. 山岳トンネル工事の切羽における肌落ち災害防止対策に係るガイドラインの改正について

新着情報

山岳トンネル工事の切羽における肌落ち災害防止対策に係るガイドラインの改正について

厚生労働省通達「山岳トンネル工事の切羽における肌落ち災害防止対策に係るガイドラインの改正について」(平成30年1月18日 基発0118第1号)が出されました。
山岳トンネル工事においては、地山を掘削してトンネルを築造するため、掘削面から岩石が落下して労働者に激突する肌落ち災害が見受けられることから、厚生労働省通達「山岳トンネル工事の切羽における肌落ち災害防止対策に係るガイドラインの策定について」(平成28年12月26日 基発1226第1号)により指導がなされていましたが、その後の肌落ち災害の発生状況を踏まえ、今回改正されました。

このガイドラインの「第7の1の(1) 保護具の着用」では、事業者は、切羽において作業を行うときは、作業に従事する労働者に保護帽、保護具(バックプロテクター等)、安全靴(長靴)、必要に応じて電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)等を着用させることとしています。
※「第7の1の(1) 保護具の着用」については、改正前と変更ありません。

Webカタログ

シゲマツオンラインショップ

当ウェブサイトでは、お客様の情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用しています。安心してご利用ください。