1. Home
  2. 新着情報
  3. 2018年
  4. 平成29年度建設業年度末労働災害防止強調月間実施要領

新着情報

平成29年度建設業年度末労働災害防止強調月間実施要領

建設業労働災害防止協会から、「平成29年度建設業年度末労働災害防止強調月間実施要領」(平成30年2月1日)のパンフレットが発行されました。

建設業年度末労働災害防止強調月間は、平成30年3月1日~3月31日までの間、厚生労働省ならびに国土交通省の後援のもと、工事の輻輳化や季節的な災害により増加する年度末の労働災害防止を目的として実施されます。
「会員が実施する重点事項」は、以下抜粋のとおりです。

2 墜落・転落災害の防止

  1. 墜落時の身体への衝撃が少ないフルハーネス型安全帯の普及促進

4 倒壊・崩壊災害の防止

  1. 「山岳トンネル工事の切羽における肌落ち災害防止対策に係わるガイドライン」の実施

9 職業性疾病の防止

  1. 建築物等の解体工事における石綿使用の有無の事前調査および石綿ばく露防止対策の確実な実施
  2. 酸素欠乏危険場所等では、有資格者による作業開始前等の酸素濃度(18%以上)、硫化水素濃度(10ppm以下)の測定と換気の徹底
  3. 一酸化炭素中毒防止のため、換気が不十分な場所における内燃機関を有する機械の使用禁止の徹底
  4. 保護メガネや防じんマスク等、作業環境に応じた適切な保護具使用の徹底
  5. 腰痛および振動障害の予防対策の徹底

Webカタログ

シゲマツオンラインショップ

当ウェブサイトでは、お客様の情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用しています。安心してご利用ください。