1. Home
  2. 新着情報
  3. 2018年
  4. 労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令及び石綿障害予防規則等の一部を改正する省令

新着情報

労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令及び石綿障害予防規則等の一部を改正する省令

平成30年4月6日に、「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令」(平成30年政令第156号)及び「石綿障害予防規則等の一部を改正する省令」(平成30年厚生労働省令第59号)が公布され、平成30年6月1日から施行されます。

これまで、石綿は製造等が禁止される有害物等でしたが、石綿の分析のための試料の用に供される等一定の要件を満足する場合は、許可を得て製造できるようになりました。

労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令(抜粋)

労働安全衛生法施行令(昭和四十七年政令第三百十八号)の一部を次のように改正する。
第六条第二十三号中「製造する作業」の下に「若しくは第十六条第一項第四号イからハまでに掲げる石綿で同号の厚生労働省令で定めるもの若しくはこれらの石綿をその重量の〇・一パーセントを超えて含有する製剤その他の物(以下「石綿分析用試料等」という。)を製造する作業」を加える。

第十六条第一項第四号を次のように改める。
四 石綿(次に掲げる物で厚生労働省令で定めるものを除く。)

  1. 石綿の分析のための試料の用に供される石綿
  2. 石綿の使用状況の調査に関する知識又は技能の習得のための教育の用に供される石綿
  3. イ又はロに掲げる物の原料又は材料として使用される石綿

石綿障害予防規則等の一部を改正する省令(抜粋)

(呼吸用保護具)
第四十四条 事業者は、石綿等を取り扱い、若しくは試験研究のため製造する作業場又は石綿分析用試料等を製造する作業場には、石綿等の粉じんを吸入することによる労働者の健康障害を予防するため必要な呼吸用保護具を備えなければならない。

(保護具等の管理)
第四十六条 事業者は、第十条第二項、第十四条第一項及び第二項、第四十四条並びに第四十八条第六号(第四十八条の四において準用する場合を含む。)に規定する保護具等が使用された場合には、他の衣服等から隔離して保管しなければならない。

Webカタログ

シゲマツオンラインショップ

当ウェブサイトでは、お客様の情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用しています。安心してご利用ください。