1. Home
  2. 新着情報
  3. 2019年
  4. 「安全帯の規格」が改正され「墜落制止用器具の規格」が告示されました

新着情報

「安全帯の規格」が改正され「墜落制止用器具の規格」が告示されました

諸外国や国際標準化機構(ISO)の動向等を踏まえ、安全帯について、名称、使用制限及び構造等を全面的に改めることにより、その安全性の向上を図るため、「安全帯の規格の全部を改正する告示」(平成31年1月25日 平成31年厚生労働省告示第11号)が告示され、これまでの「安全帯の規格」は、「墜落制止用器具の規格」に改正されました。(適用日:平成31年2月1日)
主な改正ポイントは、以下のとおりです。

  • 「安全帯」の名称が「墜落制止用器具」に改められました。
  • 高さが6.75mを超える箇所で使用する墜落制止用器具は、フルハーネス型を使用することが原則となります。
  • 現行の構造規格に基づく安全帯(胴ベルト型・フルハーネス型)を使用できるのは平成34年1月1日までとなります。

Webカタログ

シゲマツオンラインショップ

当ウェブサイトでは、お客様の情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用しています。安心してご利用ください。