1. Home
  2. 新着情報
  3. 重要なお知らせ
  4. 平成19年度買取り試験で指摘された製品について(その2)

新着情報

平成19年度買取り試験で指摘された製品について(その2)

お客様 各位

2008年 3月21日
株式会社重松製作所
取締役社長 重松 宣雄


 拝啓 早春の候、貴社ますますご清栄の段、お慶び申し上げますとともに、毎々格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚くお礼申し上げます。

 さて、平成12年度から、社団法人 産業安全技術協会殿では、厚生労働省 からの委託を受け、型式検定品である防じんマスク及び防毒マスクの流通段階における性能の維持・向上を図る観点から、買取り試験が行われています。
 このたび、平成19年度の買取り試験におきまして、「防毒マスクGM177の吸収缶取付けホルダーが容易に外れやすい。」というご指摘がありました。
 確認しましたところ、過度な力が加わると外れる恐れがあることがわかりました。使用される場合はご注意をお願いします。
 また、GM177をお持ちのお客様で簡単にホルダーが外れる場合は、新品と交換させていただきますので、当社営業所へお問い合わせください。
 お客様各位に、多大なご迷惑をおかけしましたことを誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます。
 今後は、このようなことのないよう、更に品質の向上に努めますので、今後とも当社製品をご愛顧くださいますよう、お願い申し上げます。

敬具

Webカタログ

シゲマツオンラインショップ

当ウェブサイトでは、お客様の情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用しています。安心してご利用ください。