1. Home
  2. 新着情報
  3. 重要なお知らせ
  4. 平成22年度買取り試験で指摘された製品について

新着情報

平成22年度買取り試験で指摘された製品について

お客様 各位

2010年 9月 9日
株式会社重松製作所
取締役社長 重松 宣雄


拝啓 初秋の候、ますますご清栄の段、お慶び申し上げますとともに、毎々格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚くお礼申し上げます。

さて、平成12年度から、社団法人 産業安全技術協会殿では、厚生労働省殿からの委託を受け、型式検定品である防じんマスク及び防毒マスクの流通段階における性能の維持・向上を図る観点から、買取り試験を実施しています。

このたび、平成22年度の買取り試験におきまして、次のご指摘をいただきました。

『使い捨て式防じんマスク型式の名称「DD11V-S2」(合格番号TM147号)において、保存期限が過ぎたものが販売されていた。』

DD11V-S2の保存期限は、製造年月日から2年です。
  この保存期限は、現品に添付されている取扱説明書、現品が10個入っている袋、その袋が10袋入っている大箱に、記載してあります。

保存期限を過ぎますと、性能が新品時と比べ、落ちる場合があります。
  保存期限内の販売、使用をお願いします。

なお、ご不明な点等がございましたら、当社営業所へお問い合わせください。

敬具