2017年版総合カタログ
11/124

電動ファン付き呼吸用保護具(1)102017年版(2016.10)風量が低下する原因 次の①②のいずれか又は両方  ①粉じん堆積によるフィルタの通気抵抗増加②電池の消耗又は劣化による電圧低下 作業時間を考慮し、十分に充電した電池をお使いください。■騒音試験 頭の耳部における騒音レベル(騒音の程度)が、左右ともに80 dB以下であること。■ろ過材の性能による区分区分粒子捕集効率[%以上]吸気抵抗(1)[Pa以下]排気抵抗(1)[Pa以下]DOPNaClPL3PS399.97160(面体形に限る)80(面体形に限る)PL2PS299.0PL1PS195.0注(1)流量40 L/min通気時の値。■ 漏れ率の性能による区分区分漏れ率[%以下]S級0.1A級1.0B級5.0■警報装置の種類による区分(ルーズフィット形に限る) 以下の着用者に知らせる警報装置を有するものであること。警報装置の種類S級A級B級最低必要風量に近づいていること●●●電池の電圧が電動ファン付き呼吸用保護具を有効に作動できる電圧の下限値となったこと●※1 グラフはイメージです。PAPRは、非常に激しい呼吸をすると、陽圧(正圧)を保持できないことがあります。着用者の面体内に清浄空気を送風します。粉じんをキャッチして、清浄空気を作ります。ファンちゃんフィルタくん取替え式防じんマスク一定流量形PAPR肺力のみで呼吸するタイプです常時清浄空気を供給するタイプです作業中※1作業開始作業終了脱着脱着後装着前呼吸が楽呼吸が楽呼吸連動形PAPR力圧境環ON自動ファンモータースイッチレス呼吸に合わせて清浄空気を供給するタイプですファン作動ファンが止まっている状態粉じんをキャッチしていない状態粉じんをキャッチしている状態ファンが動いている状態シンクロは、防じんマスクと一定流量形PAPRの特長を併せ持ちます。→力圧境環→力圧境環→圧陽圧陰圧陽圧陰圧内体面圧陽圧陰吸気排気(呼気)吸気排気(呼気)排気(呼気)圧内体面ファンモーターONリスク対応リスクあり十分な送風量を維持する構造で、フード・フェイスシールド内を陽圧(正圧)に保持するため、安全性が高いです。装着経済的経済的スイッチレス面体がズレてもファンが作動しているので粉じんを吸入する恐れを低減します。面体がズレた時に粉じんを吸入する恐れがあります。リスク対応安心安心安全性が高い安全性が高い吸気した分だけ粉じんがフィルタに詰まる圧内体面常時稼働なので寿命が短いファンモーターOFF自動一定流量形PAPRより長寿命量形を呼吸連動形PAPRシンクロ、一定流量形PAPRウインディ、取替え式防じんマスクの比較略語等の意味DOP:フタル酸ジオクチルL:Liquid 液体NaCl:塩化ナトリウムS:Solid 固体σg :幾何標準偏差3:粒子捕集効率 99.97 %以上P :Powered Air Purifying Respirator2:粒子捕集効率 99.0 %以上1:粒子捕集効率 95.0 %以上1. 酸素濃度18 %未満の環境や、フィルタによって除去できない有毒ガスが存在する環境では、PAPRは使用できません。このような環境では、送気マスク又は自給式呼吸器を使用してください。2. PAPRは防爆構造ではありません。3. 作業前に、送風量が最低必要風量以上であることを確認してください。

元のページ 

page 11

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です