2017年版総合カタログ
5/124

マークの説明(1)42017年版(2016.10)マスクを装着した状態で、明瞭な会話ができる伝声器付マスクを簡単に装着できる●伝声器が、声を伝え易くしています。● 接顔体3サイズ以上を用意した同形状のマスク。 顔に合ったマスクをお選びください。● ワンタッチ式のバックルを使用伝声器伝声器伝声器写真はTW08SFX3写真はGM164写真はSy185V3/OV■ マスクの特長接顔体サイズ面体の形状対象マスク品番防じんマスク防毒マスク全面形TW088TW022SdDR165U2W-1DR165U2WDR165U2K-1DR165U2KDR165N3-1DR165N3GM185CGM185-1GM166-1GM166GM165-2GM165-1GM164GM164-1GM161-2GM161-1半面形TW08SFTW02STW01SCDR80U2WDR80SN3DR80SC2GM81SGM80SFGM80S半面形ーDR77R2NDR77R2DR77RGM77半面形ーDR77SR2NDR77SR2DR77SRGM77SGM76-s写真はGM164ツイン・ダブルクッション顔へのフィット性を高める、‘二重ひれ’構造● 密着性が最も優れ有害物質の侵入を最小限に抑えます。ワンタッチTWINww6sizes5sizes3sizes伝声器■手のひらでフィットチェック■ フィットチェッカーを使ってフィットチェック※フィットチェッカーを使用する場合、装着前にフィットチェッカーをフィルタに取付けます。フィットチェッカー 一体型のTW01SCもあります。陰圧法陰圧法■ 密着性の確認(フィットチェック)フィットチェッカーを使わず、手のひらで、陰圧法のフィットチェックができます。フィルタの吸気口を手のひらで塞ぎます。軽く(ゆっくり)息を吸った時、顔と面体との接顔部分から、空気が流入しないことを確認します。(マスクが顔に吸い付く感じです。)フィットチェッカーのゴム管を指でつまんで、塞ぎます。手のひらチェックマスクを顔に押し付けないようにしてください。つまんで外します。手順①手順②軽く(ゆっくり)息を吸った時、顔と面体との接顔部分から、空気が流入しないことを確認します。(マスクが顔に吸い付く感じです。)フィットチェッカーP.7参照P.34参照二重ひれ

元のページ 

page 5

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です