2019年版 総合カタログ
5/132

マークの説明(1)42019年版(2018.10)手のひらでフィットチェックフィットチェッカーを使ってフィットチェック※ フィットチェッカーを使用する場合、装着前にフィットチェッカーをフィルタに取付けます。陰圧法陰圧法■ 密着性の確認(フィットチェック)●フィットチェッカーを使わず、手のひらで、陰圧法のフィットチェックができます。●フィットチェッカーを使って、陰圧法のフィットチェックができます。詳細はP.9フィットチェッカーのゴム管を指でつまんで、塞ぎます。フィルタの吸気口を手のひらで塞ぎます。手のひらチェックマスクを顔に押し付けないようにしてください。手順1手順1手順2手順2軽く(ゆっくり)息を吸った時、顔と面体との接顔部分から、空気が流入しないことを確認します。(マスクが顔に吸い付く感じです。)軽く(ゆっくり)息を吸った時、顔と面体との接顔部分から、空気が流入しないことを確認します。(マスクが顔に吸い付く感じです。)■ フィルタの特長撥水・撥油性のフィルタで、水はもちろん、油もはじきます!●水しぶきのかかるところや、機械工場など油ミストの存在する場所及び散水しながらの作業等で使用しても、通気抵抗がほとんど変化しませんので、呼吸が楽にできます。撥水性の比較撥水性の比較撥油性の比較撥油性の比較●広いろ過面積に、活性炭素繊維を均一に分散させています。このため、溶接時に発生する不快な臭気を除去します。活性炭素繊維(ACF)入りで、嫌な臭いを除去します。ACF:ActivatedCarbonFiber撥水撥油ACF撥油処理無しのフィルタは、油がしみ込みます。撥水撥油撥水・撥油性のフィルタは、完全に油をはじいています。撥水処理無しのフィルタは、水がしみ込みます。撥水撥油撥水・撥油性のフィルタは、完全に水をはじいています。フィットチェッカー 一体型のTW01SCもあります。P.40参照水洗可能なフィルタで経済的!●「水洗可」の表示が付いているメカニカルフィルタは、水洗して再使用することができます。ただし、水洗後は性能確認が必要です。(の「水洗再生リターナブルシステム」は性能確認を実施しています。)水洗可詳細はP.5R10フィットR3フィットR15フィットR18フィットR19フィットU2KU2WG2W1AC2T2X2

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る