2019年版 総合カタログ
63/132

62送気マスク(3)2019年版(2018.10)[エア・ウォーター防災 製]Z-AL(CS)プレッシャデマンド弁アラームユニット部エアラインホース連結部(カプラJTⅡ-1)(50 mm)※安全帯用胴ベルト専用腰バンド■ 面体半面形面体BW-2-83マークの説明は  5桁の数字は商品コードです。(★のあるものは受注生産品です。)P.3参照P.57参照■交換部品の品番面体品番排気弁吸気弁しめひもBW-2-8350000(1)50010(1)50344(1)ZCSD50120(1)50278(2)ZCS注(1) 販売単位は5個。 (2) 販売単位は1個。●自動陽圧タイプ。 ●圧力低下アラーム付。 約0.3 MPa以下になるとホイッスルで警報を発します。●プレッシャデマンド弁が、万一、正常に機能しない場合に備え、バイパス弁が付いています。※ 高さ6.75 mを超える箇所で作業する場合は、 フルハーネス型を使用してください。腰バンド面体専用腰バンド 73420(プレッシャデマンド弁付)ZCS72790■ 構成・品番・商品コード■ プレッシャデマンド形エアラインマスク全面形面体ZCS72790伝声器CS近視CG1めがねGGF2カバーグラスクリアビューTWINww伝声器CS近視CG1めがねGGH2カバーグラスクリアビューTWINww全面形面体ZCSD73410■写真はフィルタCA-104NⅡ/OV付[別売]M00524★ L00523★面体の場合、送風量が85 L/min以上であることを、風量チェッカーで確認のうえ、使用してください。■ プレッシャデマンド形複合式エアラインマスク●エア供給源の自動切り替え通常は、プレッシャデマンド形エアラインマスクとして使用します。 エアライン供給圧力が0.2 MPa以下になると、自動的に、緊急脱出用 ボンベからのエア供給に切り替わります。●3つの警報機能①エアライン供給圧力が低下(約0.3 MPa以下)すると、ホイッスルで警報を発します。②エア供給がボンベに切り替わると、吸気に合わせて面体と腰バンド間の中圧ホースを振動させて警報します。③さらに、ボンベの残圧が、約6 MPa以下になると、ホイッスルで 警報します。●軽量小型の緊急脱出用ボンベ 約:1.4 kg使用可能時間:約5分(呼吸量35 L/min、満充てん圧力19.6 MPa)※ 高さ6.75 mを超える箇所で作業する場合は、 フルハーネス型を使用してください。プレッシャデマンド形エアラインマスクの使用圧力範囲は、0.4 ~ 0.6 MPa⦆です。この範囲以外の圧力では、使用しないでください。Z-AL(CS)-CMPA [エア・ウォーター防災 製]73355酸素濃度14%未満でも使用可※バイパス弁酸素濃度14%未満の場合、緊急時給気切替警報装置(BS-1C)を併用してください。酸素濃度14%以上で使用可※※ JIS T 8150:2006「呼吸用保護具の選択、使用及び保守管理方法」 4.1.1酸素濃度による選択を参照ください。安全帯エアラインホースを切り離しての脱出も可能緊急脱出用ボンベ[別売](高圧空気容器)中圧ホース自動切替装置プレッシャデマンド弁エアラインホース連結部(カプラ20P)バイパス弁アラームユニット部安全帯用胴ベルト(50 mm)※安全帯CA-27L3/OVフィルタ石綿作業呼吸用保護具の区分①P.109参照送気が止まっても安心!P.120参照P.120参照面体ZCS112CZ73354★

元のページ  ../index.html#63

このブックを見る