2019年版 総合カタログ
81/132

2019年版(2018.10)■表2 透過速度に基づく破過時間による耐透過性の分類クラス平均破過時間[min]6>4805>2404>1203> 602> 301> 10■表1 材料の耐透過性の試験結果(クラスについては、表2参照)種類防護服長靴試験方法(1)EN 14325:2004JIS T 8030:2015品番PS-790-ALPS-480LPS-410K PS-415F PS-420K PS-303N-1 (服地のみ)PS-410ERS-26000-GTB6000-GTS50004000 シリーズ30002500 PLUS2300 PLUS2000 PLUS1800 PLUS(3)(3)(3)(3)(3)(3)(3)(3)試験部位推奨試験化学物質[CAS No.](2)服地手袋長靴バイザー縫合部服地服地服地服地服地縫合部縫合部服地手袋長靴縫合部服地縫合部服地縫合部―(4)(5)(6)(6)(6)(7)(6)(6)(6)アセトン[CAS:67-64-1]66366661×‒‒‒××3×××××3アセトニトリル[CAS:75-05-8]6636666××‒‒‒××5×××××3二硫化炭素[CAS:75-15-0]663666××2‒‒‒××3××××××ジクロロメタン[CAS:75-09-2]622666×××‒‒‒××3×××××1ジエチルアミン[CAS:109-89-7]663666×××‒‒‒××3×××××1酢酸エチル[CAS:141-78-6]6636666××‒‒‒××3×××××2n-ヘキサン[CAS:110-54-3]6466666××‒‒‒465444331メタノール[CAS:67-56-1]66366666×‒‒‒115111××4水酸化ナトリウム(40質量 %)[CAS:1310-73-2]666666666666666666666硫酸(96質量 %) [CAS:7664-93-9]6635666666‒‒326434336硫酸(18質量 %) [CAS:7664-93-9]6666666666‒‒666666666テトラヒドロフラン(THF) [CAS:109-99-9]663666×××‒‒‒××3×××××2トルエン[CAS:108-88-3]6636666××‒‒‒××4×××××2アンモニア,無水(99.99 %)[CAS:7664-41-7]6×66662×‒‒‒‒145111××5塩素(99.5 %)[CAS:7782-50-5]6666666×‒‒‒‒566555226塩化水素(99.0 %)[CAS:7647-01-0]6566666××‒‒‒356434236注記1. 表中の数字は、表2のクラスを示しています。  2. 表中の記号 ×:不適合 -:試験未実施(2018年9月現在)  3. この結果は、防護服等を安全に「使用できる時間」を示すデータではありません。 使用できる時間は、使用環境や作業内容等によって変わります。注(1) JIS:日本工業規格、EN:欧州規格 表2「平均破過時間」の試験条件が、JISとENで異なります。 JIS:化学物質の透過速度が、0.1μg/cm2/minに達するまでの時間 EN:化学物質の透過速度が、1.0μg/cm2/minに達するまでの時間 (2) CAS No. とは、アメリカ化学会の Chemical Abstracts Service が提供するデータベース(CAS ON-LINE)における化学物質の登録番号(Registry Number)です。 (3) アンセル社から提供されたデータを記載しています。(2018年8月現在) (4) 6000-GTSの「服及びブーツ・ソックス(ブーティ)生地」の試験です。 (5) 6000-GTBの「長靴」の試験です。 6000-GTSには、「長靴」はありません。 (6)「縫合部」は、服地と服地とを繋いだ部分です。 (7)PS-790-ALの「手袋」の試験です。PS-480Lには、「手袋」はありません。■表3 化学防護服及びの基本性能項目適合規格品番6000-GTB6000-GTS50004000D4000-122400040004000-AL30002500PLUS2300PLUS2000PLUS2000C(1)2000B(上下)(2)1800PLUS16001500A1500質量[g/㎡]JIS L 191322713010510510576.969.063.965.467.365.452.061.347.848.3耐水度[mm]JIS L 1092 A 法(低水圧法)2,000以上2,000以上2,000以上2,000以上2,000以上2,000以上2,000以上2,000以上2,000以上2,000以上2,000以上1,571656625582透湿度[g/㎡・h]JIS L 1099 A-1法0011111541239254239268501451364通気性[㎤/㎠・sec]JIS L 1096 A 法(フラジール形法)0.1未満0.1未満0.1未満0.1未満0.1未満0.1未満0.1未満0.1未満0.1未満0.1未満0.1未満0.1未満14.919.220.3引張強さJIS T 8115(4)333332221111221引裂強さJIS T 8115(4)345554343233322突刺強さJIS T 8115(4)222221112121221破裂強さJIS T 8115(4)322221121111111摩耗強さJIS T 8115(4)666663111112211屈曲強さJIS T 8115(4)166666664646666縫合部強さ(足股下)JIS T 8115(4)544444443333433耐人工血液浸透性(服地)EN 14126(4)(5)6666‒6666‒6‒‒‒‒耐バクテリオファージ浸透性(服地)EN 14126(4)(5)6666‒6666‒6‒‒‒‒放射性物質からの防護(3)EN 1073(4)(6)‒11×●1112122‒11静電気からの防護[表面抵抗](完成品)EN 1149-5‒●●×●●●●●●●●●×●注記1. 表中の記号 ●:適合 ×:不適合 -:試験未実施(2018年8月現在)注(1)2000Cの背中部分の服地は、1500と同じ材質です。このため、背中部分の性能は、1500を参照ください。 (2)2000Bを上下着用した場合のみ適合します。 (3)放射線を防ぐことはできません。 (4)表中の数字は、各適合規格のクラスを示しています。 (5)EN 14126は、JIS T 8122(生物学的危険物質に対する防護服)と同様の規格です。 (6)4000-ALは、EN 1073-1に適合します。それ以外は、EN 1073-2に適合します。防護服(1)80

元のページ  ../index.html#81

このブックを見る