1. Home
  2. よくある質問Q&A

よくある質問Q&A

自分がやっている仕事では、どのマスクを選定すべきですか?
保護具選択チャートへ
防じんマスクのろ過材(フィルタ)の水洗再生は、自分でできますか?

可能ですが、厚生労働省基発第0207006号(平成17年2月7日)「防じんマスクの選択、使用等について」では、水洗いしたろ過材(フィルタ)は、新品時より粒子捕集効率が低下していないこと及び、吸気抵抗が上昇していないかを確認することが要求されています。

そのため、水洗い後にろ過材(フィルタ)の性能を測定するための高額な装置が必要となってしまいます。
従って、当社のリターナブルシステムをご利用いただくことをお勧めします。
リタ-ナブルシステムについては、サポートのリターナブルシステムをご覧ください。

サポートのリターナブルシステムへ

防じんマスクのろ過材(フィルタ)の交換時期
1)メカニカルフィルタの場合
このろ過材は、沈降・慣性・さえぎり・拡散効果によって、粒子を捕集する単純な機構ですので、一般的に劣化に強く、粒子の種類によらず、捕集効率は安定しています。
このため、粒子を捕集して、目詰まりによって息苦しくなったら、ろ過材(フィルタ)を交換してください。
2)静電ろ過材の場合
このろ過材は、帯電した繊維の静電気力によって、粒子の引き寄せ捕集する機構を主とします。
このため、粒子を捕集して、目詰まりによって息苦しくなったら、あるいは、あらかじめ定めた時間を使用した後、交換してください。
防毒マスクの吸収缶の保存期限

未使用の場合は、次の表のとおりです。

吸収缶の種類 保存期限 望ましい保存状態
直結式小型 望ましい保存状態において、 製造日から2年
ただし、エチレンオキシド用及びメタノール用は、製造日から1年
  1. 未開封であること。
  2. 包装に穴あきなどの破損がないこと。
  3. 缶体にさびや変形がないこと。
  4. 通常の状態(振動がなく、常温、常湿)で保管されていること。

(注)1~3のいずれかを満たさない場合には廃棄してください。

直結式
隔離式
望ましい保存状態において、製造日から5年
ただし、一酸化炭素用は、製造日から2年
また、直結式吸収缶CA-602/OVは、製造日から2年

※保管場所の温度が50 ℃を超えると、吸収缶の包装が破裂する恐れがあります。
「望ましい保存状態 4.」を満さない場合は、シゲマツにお問い合わせください。

防じんマスク及び防毒マスク(吸収缶を含む)の廃棄方法

製造業者情報として、資料を提供致します。(PDFファイル)

防じんマスク 防毒マスク

材質は製品によって異なりますので、「材質表」については、シゲマツへお問い合わせください。

防毒マスクの吸収缶は、何分使用できますか?

吸収缶には、破過曲線図が添付されています。
破過曲線図は、有毒ガス濃度と吸収缶の破過時間との関係を表した曲線です。
破過曲線図を用いて、吸収缶の廃棄時期を推定することができます。

破過曲線図の見方へ

※1
破過とは、防毒マスクの吸収缶に有毒ガスを通気した際、透過側(顔側)に最高許容透過濃度を超える有毒ガスが漏洩する現象のこと。
※2
破過時間とは、防毒マスクの吸収缶に、一定濃度の有毒ガスを連続して通気した際、通気の開始から破過までの時間。
破過曲線図の見方(一酸化炭素用吸収缶を除く)

破過曲線図の見方と有効時間の算出方法

※1
上図グラフの点線部分は、シクロヘキサン濃度0.03%で約250分の有効時間があることを示します。
破過曲線図の試験条件は、温度20℃湿度50%です。
※2
実際に使用される現場の温度湿度等によって、破過時間が変化します。

吸収缶の有効時間は、いろいろな要素(ガス濃度、温度、湿度、呼吸量等)によって変わりますが、特にガス濃度によって大きく左右されます。
一般に、ガス濃度が低い時は、吸収缶の破過時間が長く、ガス濃度が高い時には、短くなります。
作業環境のガスの濃度を測定して、そのガスについて破過曲線図から有効時間を算出してください。

※吸収缶を繰り返し(断続)使用する場合は、算出した有効時間よりも短くなることがあります。
十分安全を考慮し、お早めに交換してください。

吸収缶の有効時間の概略算定方法(一酸化炭素用吸収缶を除く)
1)ガス濃度が一定の時
(例)ガス濃度2%で破過時間50分の吸収缶を、ガス濃度0.5%の環境で使う場合の有効時間は?
新品時の能力=2%×50分=100%分
これを0.5%の環境で使う場合は
100%分/0.5%=200分
2)ガス濃度が変わった時
(例)ガス濃度0.5%で破過時間120分の吸収缶を、初めに1%の環境で20分使用、次に0.25%の環境で40分使用した場合、次に0.5%の環境で使う場合の有効時間は?
(概算) 新品時の能力=0.5%×120分=60%分
残存能力=60%分-1%×20分-0.25%×40分
=60%分-20%分-10%分
=30%分
従って、0.5%の環境で使う場合は
30%分/0.5%=60分
防毒マスクの吸収缶の交換の目安
1)使用時間を正確に記録し、あらかじめ設定した時間を目安とする。
現場のガス濃度(平均値)を測定し、破過曲線図から破過時間を求めた後、十分安全を考慮した使用時間を目安として交換します。
有機ガス用吸収缶を2種類以上の有機ガスが混在している環境で使用する場合は、最も沸点の低いガスを基準として、使用時間を定めておけば、安全です。
2)湿気又は有毒物質の吸収による、吸収缶の質量増加を量って目安とする。(吸湿しても能力が減退しない吸収缶を除く。)
吸収缶は、有毒ガスを吸収することによって、質量が増加しますので、この増量を吸収缶交換の目安とすることができます。
ただし、吸収缶の質量増加は、環境の湿度、ガスの種類、濃度などによっても異なります。
この方法を採用するには、作業環境のガス濃度、湿度などが比較的安定している必要があります。
3)使用中に臭気・刺激・味覚を感じたときは、速やかに交換する。
管理濃度より低い濃度で臭気を感じる有毒ガスなどに対しては、臭気によって吸収缶の交換時期を判定することができます。
ただし、嗅覚には個人差があり、透過は徐々に増加しますので、人間の嗅覚が麻痺しやすいことを考慮すると、この方法だけに頼るのは危険です。
4)一酸化炭素用、シアン化水素(青酸)用、メタノール用の吸収缶は、必ず1回使用ごとに廃棄する。
5)フィルタと一体型の防じん機能つき吸収缶の場合、1)のあらかじめ設定した使用時間に達する前であっても息苦しくなったら交換する。

※いずれも完全な方法ではありませんので、現場の状況によっていずれかを、あるいは複数の方法で判定してください。

農薬マスクは、作業する時に吸収缶とろ過材(フィルタ)のどちらを使用したら良いですか?
シゲマツでは、農薬用として、セット品の「農薬マスクNo.31(国家検定合格品)」を販売しています。
乳剤を取り扱う作業には、防じん機能付き区分L1有機ガス用吸収缶CA-304L/OVをご使用ください。
また、粉剤、水和剤を取り扱う作業には、ろ過材(フィルタ)C2をご使用ください。
防じんマスクで他の防じんマスクのろ過材(フィルタ)が取り付けられますか?
できません。
マスクと同一の型式検定番号が付いたろ過材(フィルタ)をご使用ください。
防じんマスクに防毒マスクの吸収缶を取り付けて、使用できますか?
できません。
防じんマスクは、専用のろ過材(フィルタ)を取り付けて防じんマスクとして、防毒マスクは、専用の吸収缶を取り付けて防毒マスクとして、ご使用ください。
なお、粉じん(固体・液体)及び気体(ガス)が混在する作業環境では、防じん機能付き吸収缶を使用する防毒マスクをご使用ください。
呼吸器用と思われる、高圧ガス容器が放置されていました。どこへ連絡したら良いですか?
放置容器を発見された時は、地方高圧ガス容器管理委員会又はその支部へご連絡、ご相談ください。
シゲマツの製品を購入したい
「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。
営業窓口を紹介させていただきます。
シゲマツのウェブサイトへリンクを貼りたい
ご利用にあたって「当社へのリンクについて」をご覧ください。
シゲマツのウェブサイトからリンクを貼って欲しい
原則として関係企業、団体除き全てお断りしています。
シゲマツのウェブサイトやカタログの画像等を使用したい
当ウェブサイトの所有者並びに当ウェブサイトの制作者である当社の同意又は許可なしに、画像及び動画の使用を禁止します。
使用を希望される場合は、「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。